Insights知見

HomeInsight変革創出企業Ridgelinezが描く、目指すべき未来と新しいDXのカタチ

変革創出企業Ridgelinezが描く、目指すべき未来と新しいDXのカタチ

#トランスフォーメーション

新型コロナウイルス感染拡⼤を機に広がったテレワークを入り口に、DX(デジタルトランスフォーメーション)の重要性を産業界が再認識している。その一方、どのようにDXを始めるのか、DXで何を実現するか、そのような課題を抱える企業は多い。

『「デジタル(D)」化を目的とするのではなく、業務プロセスや戦略の立て方、人材の配置など企業文化全体の「変革(X)」をゴールに、その変革をテクノロジーでサポートするのがDX』と、Ridgelinez Chief Executive Officer今井 俊哉は述べる。例えばコロナ状況下における企業の働き方の変革ならば、テレワーク推進ツール導入のみではなく、新しい環境でどのように業務評価を行うか、人事評価の仕組みやワークフローにまで踏み込んで検討する。こうした抜本的改革を行うことがDX本来の価値と言えるだろう。

デジタル時代の最新動向に精通する日経BP 総合研究所 フェロー 桔梗原 富夫氏を招き、これから目指すべき未来と新しいDXの形を提示する。

桔梗原 富夫氏日経BP 総合研究所 フェロー
今井 俊哉Ridgelinez Chief Executive Officer

お申込み

※2020年8月6日・7日に行われたイベント『TRANSFORMATION SUMMIT 2020』の動画アーカイブです