Staff Interview社員インタビュー

HomeCareers Staff Interview Hiroaki.I

これから一緒に働く人たちからも刺激を受けながら成長したい これから一緒に働く人たちからも刺激を受けながら成長したい

新しい金融サービスを世に送り出す

いまはFS(Financial Services)ユニットという部署に所属しております。お客様は銀行やカード会社、決済サービス関連などが中心ですね。デジタル化を進めたい、あるいは新しいサービスを作りたいというお客様に対して、市場調査から始まり、どのような機能が必要か、どのようなパートナーと組むべきかなど、基礎的なリサーチの部分を受け持っています。金融の新規事業を始めようと考えている異業種の企業などとも、今後はビジネスをできたらと考えています。

これまで決済サービスに携わってきたこともあり、とくにキャッシュレスには強い関心をもっています。従来にはない新しいサービスを作ってみたいという想いもあり、自分が初期的なマーケットリサーチを担当したサービスが世に出るとやりがいを感じますね。実際は実現に至らないケースも多いのですが、少しでも業界内で話題になれば嬉しいです。

もちろんお客様もプロフェッショナルですから、私たちの提案がしっかり論理的に組み立てられているか、漏れなく準備できているかということが重要です。とくに私は金融関係での実務経験がなく、ベースになる業種知識がないので、そこは人一倍気を配るようにしています。

お客様に、より自由で幅広い提案を

これまで私の働いていた環境では、営業、コンサルタント、SEなどすべての人が金融関係を専門的に扱っていました。ある種のムラ社会のなかで、それぞれの役割が違う感じですね。ところがRidgelinezでは、システムエンジニアリングやデザインといった分野の専門性をもつコンサルタントが必ずしも金融業に関わってきているわけではありません。だからチームのなかで、インダストリーのコンサルタントである私が金融業を背負いリードします。プレッシャーは当然ありますが、逆にケーススタディの幅も広がるでしょうし、いままでとは違うタイプの人と組む機会が増え、新しいアイデアが生まれやすくなると思います。

Ridgelinezでは、幅広いコネクションをもつプリンシパルやディレクターがまずお客様のご相談を伺い、それをもとに私たちが提案書にしていきます。とにかく提案の機会はかなり多いと思いますね。コンサルタントの仕事というのは、基本的に自分たちに実現可能な範囲でしか提案できませんが、今後は社内のさまざまな部署や外部のパートナーと連携していくことで、その幅もより広がってくるのではないでしょうか。コンサルティングだけでも、システム導入だけでもないのがRidgelinezの強み。どちらかで終わってしまうのではなく、よりお客様に近いところでご支援していけると思います。

自分の得意が活躍に繋がる

Ridgelinezでは、この業種が好きだ、この分野は得意だというようなものがある人は、自分の強みを生かしやすいのではないかと思います。とはいえ新しい会社ですから、社員の構成や、社風や文化などもこれからいかようにでも変わっていくと思います。

少し驚いたのは、スキル・トレーニングや社外プロモーションのあり方などが非常に整っていることですね。ベーススキルの共通化や目指す方向性の共有によって、多様な得意分野をもつコンサルタントを巻き込んだチーム組成が可能になると思います。また、実績があれば若くてもどんどん昇格できる方針と聞いています。もちろんそのぶん厳しさはあるでしょうが、やはりモチベーションにはなりますね。

私自身としては、コンサルタントとして論理的であることや、メッセージが伝わるドキュメンテーション、コミュニケーションの手法などをもっと磨きたいです。やはり考えることと伝えることが私たちの仕事。自分で勉強するのはもちろんですが、これから優秀な方がどんどん入ってくると思うので、そういう方からもおおいに刺激を受けたいと思っています。

Hiroaki.IFinancial Services

2013年より金融分野のコンサルティングに従事。主に銀行やクレジットカード会社、情報通信業の顧客に対し、金融×テクノロジー動向の調査に基づく決済分野を中心とした市場機会の提言、新規サービスの立案に携わる。
Ridgelinezにおいても金融分野を担当する部門に所属。

2013年より金融分野のコンサルティングに従事。主に銀行やクレジットカード会社、情報通信業の顧客に対し、金融×テクノロジー動向の調査に基づく決済分野を中心とした市場機会の提言、新規サービスの立案に携わる。
Ridgelinezにおいても金融分野を担当する部門に所属。

Careers Top