CEO MESSAGECEOメッセージ

個としての強さを備えたプロフェッショナルな人材に育ってほしい 個としての強さを備えたプロフェッショナルな人材に育ってほしい

今井 俊哉Chief Executive Officer

コロナ禍の船出で学んだ
予期せぬ環境変化に順応していく必要性

  • Ridgelinezは2020年4月1日に事業を開始しました。同時期に、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言が発令され、さまざまな環境変化が激しく起こりました。そのような状況下で私たちが感じたのは、誰もが予測しなかったようなことが起こる時代に移行していると、常に考えておかなければならないということです。そうした予期せぬ環境変化と共存していく必要があるということを学び、徐々に我々も変化してくることができたと思います。

    たとえば働き方ひとつとっても、リモート環境で働くことについて、事業開始時から業務フロー、ITインフラ、運用ルール、社内カルチャーなどを整備・醸成することができました。そしてこの働き方は、コロナ収束後も変える予定はありません。

    また、事業開始当初は、富士通グループから来た社員が大半でした。現在は外部から多様な人材を募り、グループ外からの人材が1/3以上になったことにより、社内のダイバーシティ&インクルージョンも進みつつあります。しかし、まだ道半ばだと自覚しており、ジェンダー、ナショナリティ、ディスアビリティなど、今後もさまざまな観点で推進していきます。これは私自身もコミットしていることです。ダイバーシティ&インクルージョンが推進されることにより、我々のサービスもさらに高い品質で提供できると考えています。

  • Ridgelinezが提供するDXの「X」

    私たちはRidgelinezを「DXを支援するコンサルティングファーム」と自己定義しています。DXというのは「デジタルトランスフォーメーション」という言葉の略語ですが、目指すのはDではなくX、つまりトランスフォーメーション(変革)を起こすことです。その変革に至るまでの道のりにおいて、スピードを加速してくれるのがデジタルテクノロジーであると捉えています。

    多くの日本企業はこの数十年、ずっと変わろうとしてきました。社会や事業環境の変化に合わせ、ビジネスモデルや組織、働き方などを変えなければならないとは分かっていても、残念ながらあまり進んでいないのが現状だと思います。日本企業のトランスフォーメーションを支援していく上で、私たちが日本に本社を置くコンサルティングファームであることは大きな強みです。これまでの日本の商習慣や価値観を理解しており、何が課題でどのように進めていけばよいか、我々自身の経験からわかっているからです。

    トランスフォーメーションのプロセスは、数学や物理学のように答えがひとつに収斂するものではありません。山登りで例えると、Aルートから登っても、Bルートから登っても、最後は山頂まで辿り着ける。最後にAかBかを選ぶのは、山登りの過程でどんな景色を見たいかということです。杓子定規に決めるのではなく、お客様と一緒に考えながら、最適な方法を探っていく。日本企業のトランスフォーメーションには、そうしたやり方が必要だと考えています。

Ridgelinezというプラットフォームを活用して
プロフェッショナルに成長してほしい

当社は多様な人材が集まったプロフェッショナル集団ですから、会社に入ることをかつての日本企業のような“就社”という概念ではなく、あくまでジョブに就く、つまり“就職”と捉えています。新卒の皆さんにも、プロフェッショナル集団の一員として一流企業であるお客様にコンサルティングを行い、その対価としてお給料をいただき、そしてその経験をご自身のキャリアにつなげていく、そのような体験をしていただきたいと思います。

新卒の方にお伝えするのは変かもしれませんが、アルムナイ(卒業生)の観点から言えば、Ridgelinezを卒業した後も卒業生のすべてが成功している世界が理想です。コンサルティングファームとはそういうものだと、私は信じています。新卒の皆さんには積極的に手を挙げて学びながら発信してもらい、私たちも全力で良い環境と機会を提供する。そんな真剣勝負の中でこそ、個として強くなっていきます。私たちはそのように人を育成していきたいですし、そのために役立つアイデアがあれば、新卒の皆さんからもどんどん提案してほしいと思います。

もうひとつ新卒の皆さんに期待するのは、やはりフレッシュなものの捉え方です。DXのXが大事という話をしましたが、もちろんDも欠くことができません。デジタルテクノロジーの世界は日進月歩ですから、長年の経験値が生きるとは限りません。逆に言えば、新卒の皆さんにとってはチャンスです。新しいものを吸収し、アウトプットに変えるスピードは、間違いなく私たちより早いはずですから。新卒の皆さんには、どんどん新しいテクノロジーに触れてほしい。自分達で試してみて使い勝手が悪ければ、お客様にも勧めませんよね。その気持ちを必ずもってほしいと思います。

Ridgelinezはこれからさらに変化・成長していく企業です。ですから、当社の環境を使ってこんなことに取り組みたい、こんなことをやってやろう、というくらいの気持ちで来てほしいと思います。ただし、言うほど簡単ではありません。求められるレベルは高いものになりますが、そこで一皮剥けることができれば、プロフェッショナルとして成長・自立できるはずです。新卒の皆さんには、そんなプロフェッショナルになってほしいという期待感がありますし、私たちはそういう場を提供できると思っています。

今井俊哉

新卒採用に関する
お問い合わせ

下記のメールアドレス宛にご連絡ください。

rdl-newgrads-recruit@cs.jp.fujitsu.com

お問い合わせの際は、下記の項目をご入力ください。

  • 氏名(必須)
  • 学校名
  • お問い合わせ内容(必須)

※cs.jp.fujitsu.comドメインの受信許可設定をお願いします。