エンジニアリングチェーン

HomeThemesエンジニアリングチェーン

マスカスタマイゼーションが最近注目を集めていますが、その実現に向けては、DfM (Design For Manufacturability)が今まで以上に重要になります。
想定される課題を設計初期段階で検討・解決することによって、製品品質の向上、製造コストの低減、および市場投入までのリードタイム短縮が可能になります。
DfMを通じて上記の効果を創出するためには、プロセス策定とデジタル化が不可欠です。
プロセス策定では、段階ごとの製造性検証を明確にしておくことが重要です。
そして、デジタル化にあたっては、設計~製造~保全など製品ライフサイクルに関わる各工程をBOM(Bill Of Materials)やBOP(Bill of Process)をはじめとするBO“x”を軸とした共通データ基盤を整備することが重要です。
また市場投入後のサービス向上とストック収益化を目指すサービスシフトも大きな潮流です。
製品やサービスの利用場面で得られるデータの活用により、利用状況に応じたアフタサービスをタイムリーに提供でき、新たな価値創出につなげていくことができます。
Ridgelinezは、エンジニアリングチェーンにかかわる諸課題に対して、戦略~実行までEnd to Endでご支援します。