Staff Interview社員インタビュー

HomeCareers Staff Interview Kousuke T.

新しい技術は積極的に使ってみるそれが強みに繋がっています 新しい技術は積極的に使ってみるそれが強みに繋がっています

お客様と一体となって
DX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組む

私が所属している部署では、システム構築をするときの最新のIT技術や考え方について情報収集し、他の部署と共有したり、特定の業種分野に強い部署と一緒にお客様に提案したりといったことをしています。いまはRFP(要求仕様書)を書いていますね。これまでの仕事では、RFPを受け取り、それに沿ってシステム開発を行う立場でしたが、現在はよりお客様に近いところで、お客様と一緒になってDXに取り組んでいく立場になりました。自分から積極的に提案していかなければなりませんし、仕事内容も以前より幅広くなっていますね。アジャイル開発が主流になっていく時代において、(お客様の)組織全体のマインドを変革していく必要性があり、その難しさも当然あります。でも、そのなかで自分の想いとお客様の求めるものがマッチし、大きなビジネスに繋がっていくというのは、非常にやりがいがありますね。Ridgelinezは評価体系が年功序列ではなくジョブ型なので、結果を出せばしっかり評価されるという点もモチベーションになっています。

※ジョブ型評価:「人」ではなく「職責(ジョブ)」の大きさ・重要性を定義し、報酬に反映する。より大きなジョブにチャレンジすることを促し、成果を挙げた人に報いる仕組み。

社会のこれからを思い描き、いまを創る

いまの時代に必要なのはスピード感。そのためのDXだと思っています。スピードを出すためのシステムとはどんなものか、またそれを使いこなし、素早く世の中に価値を提供していくチームづくり、そしてそれらを理解し進めていくための企業文化の形成。これらがお客様の企業のなかでしっかり組み上がっていくことが大事だと思います。DXによってスピードを得た企業が、カスタマーの求める価値を素早く提供でき、さらに伸びていく仕組みを作っていきたい――そう考えながら日々の仕事に取り組んでいます。

また、これからの日本は人口減少と高齢化が進み、当然ながらIT人材も不足します。いまはお客様から依頼をいただき、協力会社とともにシステム開発していくケースが多いですが、いずれ各企業が自前でIT人材を抱える時代になっていくと思います。そうなると、プログラミングレスで開発可能なノーコード開発や、最小限のコードで開発可能なローコード開発の分野が伸びていくことは十分に考えられますし、もっと先の話になると、RFPを作ればプログラムが自動的にシステム化してくれるとか、対話の中でAIがシステムを組んでくれるとか、そういったことも考えられます。そうした未来も思い描きながら、現在の業務とつなげていくことが必要だと思っています。

必要に応じた自由なデジタル環境

私たちの部署のメンバーは技術的な部分について勉強することが好きな人間が多いと思います。仕事の内容や進め方も変わってくるなかで、学ばなければならないことは山ほどあります。そのために必要であれば、基本的に何でも導入できるというのは、Ridgelinezの魅力だと思います。例えば、私たちはリモートワークの状況下でも部署のメンバー同士オンラインでのグループワークやハンズオンでの学習等、スピード感をもって技術情報の共有を行っていますが、その時に必要な技術書やライセンスについては全員分を購入してもらいました。

いまはクラウドを活用して、どこにいても最新の技術を学べる時代。会社で用意したクラウド環境や業務システムもあるのですが、Ridgelinezでは必ずしもそれを使う必要はありません。むしろ、たとえ外部企業のものであっても、より新しくて便利なツールがあるのなら、積極的に使ってみることが推奨されています。仕様の制限などで自由に使えない企業も多いと思いますが、Ridgelinezでは積極的に使って、お客様にもどんどん提案していく方針です。そういう意味で、技術者にとっての環境は非常に整っているのではないでしょうか。

とにかく新しくできた会社なので、何かをやりたい、やってみたいという声が通りやすい環境です。実現したいことがある人にとっては、とても働きやすい会社だと思います。

Kousuke T.Architecture Design

富士通グループ会社に16年勤務。AI・ビッグデータに関連したデータ解析技術を活用し、主にSoE領域に類する多数のシステム開発に従事。
近年はSoE領域で培った技術を活用し、お客様社内のSoR領域へアジャイル開発手法を展開。お客様との共創を通じ、ビジネス価値創出とマインドチェンジを促進。

富士通グループ会社に16年勤務。AI・ビッグデータに関連したデータ解析技術を活用し、主にSoE領域に類する多数のシステム開発に従事。
近年はSoE領域で培った技術を活用し、お客様社内のSoR領域へアジャイル開発手法を展開。お客様との共創を通じ、ビジネス価値創出とマインドチェンジを促進。

Careers Top