Group Interviewグループインタビュー

HomeCareers Group Interview 戦略、デザイン、テクノロジーをクリエイティブに融合し、一気通貫でお客様のDXジャーニーを支援

戦略、デザイン、テクノロジーをクリエイティブに融合し、一気通貫でお客様のDXジャーニーを支援

本格的なデジタル時代が到来した今、デジタルテクノロジーが経営モデルにもたらすインパクトは年々大きくなっています。そうした中、富士通グループでデジタルトランスフォーメーション(DX)を実現する会社として誕生したのが、Ridgelinez株式会社です。同社は、企業のDX実現のため、コンサルティングからシステムの開発、運用までをパートナーと連携し一気通貫で支援。今回、DX事業の中核を担う戦略コンサルタントとテクノロジーコンサルタントなどを募集します。Ridgelinezで働く魅力ややりがいとは。DX事業の最前線で活躍する2名に伺いました。

お客様の価値創造をEnd-to-Endで支援する

Q:はじめに、富士通がRidgelinezを設立した背景、掲げるミッションについて教えてください。

Principal/中谷 仁久
富士通は、IT企業からDX企業への転換を図るため、ビジネスや社内プロセスなどについて、大きく見直しを図っています。また、お客様企業に対する価値提供の方法についても、把握可能な要望や課題を具現化するだけではなく、何をどう変えていくべきか、戦略からお客様企業と共に検討し、将来に向けたDXの道筋を創り上げていくことが必要です。この役割を、先頭を切って担うことがRidgelinezのミッションです。そのためRidgelinezでは、業界インサイトや顧客の事業環境を正しく捉え、戦略立案を行うメンバーと、戦略を実行するための具体施策を実現する専門性や技術力を持つメンバーが一体となって、DXを進めています。

Q:はじめに、富士通がRidgelinezを設立した背景、掲げるミッションについて教えてください。

Principal/中谷 仁久
DXビジネスを進めていくうえで、企業が陥りやすいことが3つあります。まず、DXが目的化して企業として目指す姿や、根拠となる戦略が曖昧になってしまうこと。またツール導入による個別業務改善だけで終わってしまうこと。そして、既成概念にとらわれ、バリューチェーンやビジネスモデル、組織文化や制度まで変革するという覚悟がないままに進めてしまい、変革を実感できないということです。

当社では、目指すべき姿とその前提となる戦略をお客様企業の中の共通認識にすることが最も大切であると考えています。DXによりお客様の強みをいかに最大化するのかなど戦略に基づいた目指す姿を描くところからお手伝いいたします。目指す姿が共有されることによって、単なるデジタルツールの導入ではなく、必要な業務変革や提供価値の再定義、新たなビジネスモデルなどとデジタル技術を組み合わせた変革を進めることができます。また、変革後の姿をアジャイルで構築、評価することにより、価値を実感しながらDXの推進をスパイラルアップで進めています。

このような活動を実現できる理由として、富士通を含めた、様々なフィールドのお客様企業と向き合い、DXを実践できる多くの環境を持っていることが挙げられます。また、Ridgelinezのメンバーは、富士通や富士通総研、コンサルティングファーム出身者などが集まっており、多彩な専門性をもつ人材が力を合わせることにより、End-to-Endのご支援が可能になっています。一方で、DXのコンサルティングとプロトタイプの実装は、富士通の製品・サービスに限ることなく、自律したコンサルティング会社としてカスタマーファーストで多様な選択肢から最適なものを提案いたします。そのため、パートナーアライアンスも積極的に行っています。

未来の社会に組み込まれるシステムを創出する

Q:今回、戦略コンサルタントとテクノロジーコンサルタントの採用を強化する狙いと、Ridgelinezとして目指す将来像を教えてください。

Principal/中谷 仁久
当社は2020年4月、一流のプロフェッショナルファームを目指して、約300人体制で事業を開始しました。今後は3年後をめどに600人ほどの体制に拡大させる計画です。また、2~3年後の自社の売り上げは200億円規模を目指します。その中で変革創出企業として、どのような変革が必要なのかを描く戦略コンサルタントと、その変革を実行するテクノロジーコンサルタントを求めています。

社名のRidgelinezとは、多くの山々が連なる稜線に由来しています。DXはチャレンジングな取り組みであり、変革までの道程は1つではありません。いくつもの山が連なり様々な風景を生み出していくように、多様な個性・才能との共創の重なりによって、新たな価値を生み出していくことを目指しています。

Q:この記事を見ている候補者の方にメッセージをお願いします。

Principal/中谷 仁久
「世の中にはまだまだ理想的ではなく、変えるべきことがある」「よりよい社会、あるいはサービスにするために、常識にとらわれずに変革したい」と強く感じられている方を求めています。

また、その変革に必要な新しい仕組みや文化を定着させ、風景を変えるところまで考えられる方。それらを自律的に考えつつ、他のメンバーと力を合わせ、コミュニケーションを取りながら実行できる方をお待ちしています。

実装とセットの戦略策定で、お客様に伴走。DXを成功に導く

Q:Ridgelinezのコンサルタント職には3種類があるそうですね。それぞれの業務内容を教えてください。

Principal/中谷 仁久
コンサルタント職は、3つのユニットに分かれています。トランスフォーメーションの戦略的な目標を設定し、目標達成の道筋を考える「Industry DX Strategy Consultant」、目標までの道程において最適な実現方法を考える「DX Competency Consultant」、また最適なテクノロジーの採用やアーキテクチャーデザイン、アジャイル開発により、DX効果を最大化するための仕組みづくりをリードする「DX Technology Consultant」です。この3つの役割が連携、融合しながら、企業のDX実現を戦略から実装まで支援します。

Q:その中で、Strategyユニットの業務を詳しく教えてください。

Principal/中谷 仁久
Strategyユニットは「製造・ハイテク産業(HTM)」「流通・サービス業(CR)」「金融業(FS)」の3ユニット体制で、それぞれの業界に関する豊富な知見をもとに、お客様が何をすべきかを見極め、適切な目標を設定する役割を担います。案件規模にもよりますが3~5人のチーム編成で、3カ月程度のプロジェクトが平均的だと思います。

CompetencyユニットやTechnologyユニットと連携しながら、構想を具体的に実装するためのアクションプランに反映するところまでを担います。その後、各ユニットと連携しつつ、Strategyユニットがお客様企業に寄り添い続け、目標達成に向けた必要な取り組みを提案しています。

透明・公平な評価制度の下、自身の成長とステップアップを目指す

Q:戦略コンサルタントの仕事の魅力、やりがいはどういったところでしょうか。

Principal/中谷 仁久
仕事の醍醐味は、お客様の将来像を一緒に描き、実現まで関われることです。一般的な戦略コンサルタントは、戦略の策定までにとどまることが多いですが、Ridgelinezでは戦略策定時から実現、実装を意識し、企業の変革に主導的に関わることができます。

また当社ならではの強みは、富士通グループとして仕組みの開発・運用・保守までワンストップで提供できるメンバーがおり、その知見を活用できることです。日本を代表する企業様とのネットワークにより変革を行うフィールドにも数多く接することができる点も特徴の1つです。幅広い人材の知見を活用し、多くの変革機会に取り組むことができる環境は、働くメンバーのやりがいにつながっています。

そして当社では、評価や給与といった人事制度において、直接の上司・部下の関係にない第三者が評価を行う360度評価を採用し、透明性と公平性を重視し、メンバーの成長を第一に考えた仕組みを人事制度にも取り入れています。このような環境の中で日々成長し、ステップアップを目指せるのも魅力だと思います。

Q:戦略コンサルタントに求める人物像を教えてください。

Principal/中谷 仁久
大事なのは、お客様企業にとって、本当に必要な変革が何なのかを客観事実に基づき真剣に考えること、そして様々な調査や情報収集により裏付けられたストーリーを構築して、お客様の経営層、意思決定者に納得・共感してもらえる熱意を持っていることです。

また、自分の意思を持って判断、行動する一方で、他者の価値観も受け入れ、コミュニケーションを図り、着地点を見出すことが求められます。なにより、お客様に対して貢献をしたい、変革を前に進めたい、そのための課題を解きたいというパッションがあることが大事です。1人では解けない問題を、われわれメンバーと共にぜひ一緒に解いていきましょう。

プロダクトフリーの最適な提案で、企業のDX実現に全力投球

Q:前職の大手ITベンダーでグローバルプロジェクトの統括プロジェクトマネージャーやソリューションコンサルタントなどを担ってきたそうですが、転職の理由をお聞かせください。

Director/鬼束 孝則
理由は2つあります。1つ目はプロダクトフリーで、お客様のDXに全力で取り組めることです。最近のお客様は、目的に応じてベンダーやプロダクトを組み合わせてDXを構想する傾向が強くなっています。当社なら、コンサルティングを通じてお客様のニーズを捉え、最適な選択肢を提案できると思いました。

2つ目は、個人の経験やスキルを広く生かし、貢献できる環境があることです。私はプロジェクトマネージャーの公的資格を有し、長年セミナーの企画運営や講師活動を行ってきました。その点を当社の面接の第一声で評価してもらえました。また、前職での企画開発やプリセールス的活動、プロジェクトマネージャーの教育・育成といった幅広い経験を余すところなく生かしてほしいと言われたのも印象的で、「この会社で自身の力を発揮したい」と心底から思い、入社しました。

Q:所属されているTechnologyユニットの役割はどのようなものですか。

Director/鬼束 孝則
Technologyユニットは技術力の観点で会社の要であり、実装を体感していただいたうえで、PoC(概念実証)から本番プロジェクトへの昇格と、その後の展開に伴走する重要な役割を担っています。お客様の業界に精通するStrategyユニットや、お客様の要望とテクノロジーを結び付けるCompetencyユニットと連携して、プロトタイプシステムの設計や実装を手掛けています。

会社の創成期にチームの成長を考え、自身も成長

Q:テクノロジーコンサルタントの仕事の魅力、やりがいは何でしょうか。

Director/鬼束 孝則
DXの最前線を、その中心で体感できることに尽きます。お客様とのコミュニケーションの初期段階から参加し、提案できる変革の道筋を多様にするなど、お客様起点で仕事ができることがやりがいにもつながっています。

また会社の創成期ですので、会社やチームという組織が成長する過程に、自身の成長を重ねられます。生まれたばかりの会社の若さをうまく活用して、新しいことにチャレンジできる絶好の機会といえるでしょう。

それに加え、社員同士のスキルを共有し、高い専門性を身につけられる環境もあります。会社の持つコンピテンシーはすべてのお客様やプロジェクトの資産であるという考えに基づき、ワンチームで課題を乗り越えていこうというカルチャーですから、自身の成長にも大いにつながります。

Q:テクノロジーコンサルタントに求める人物像を教えてください。

Director/鬼束 孝則
様々なDXの実現を見据え、幅広い領域でのスキルを持つ人材を求めています。キーワードとしてはアーキテクチャーデザインやアジャイル、PMO支援、チェンジマネジメントといったスキル領域を軸に、クラウドやSaaSからコンテナ技術、オープンソースソフトウエアなどのソリューションの実装経験を求めています。

転職者の経歴も実に多彩で、SIer、ITベンダーなど様々です。雰囲気は温かく、情報も限りなくオープンで、求めればサポートが得られる環境です。ぜひファミリーの一員として、共に未来を切り開いていきましょう。

中谷 仁久Industry Group

大手組立製造業のお客様を中心に、業務改革・システム化企画・中期IT構想化・新規事業企画などのコンサルティング業務に従事。直近では製造業のサービス事業転換やバリューチェーン全体最適化など、製造業のトランスフォーメションをサポート。富士通総研を経て、現職。

大手組立製造業のお客様を中心に、業務改革・システム化企画・中期IT構想化・新規事業企画などのコンサルティング業務に従事。直近では製造業のサービス事業転換やバリューチェーン全体最適化など、製造業のトランスフォーメションをサポート。富士通総研を経て、現職。

鬼束 孝則Technology Group

33年間、大手外資IT企業にてお客様システムの導入・開発から保守・運用にいたる全てのフェーズを数多く支援した他、サービス企画・開発部長、グローバルプロジェクト統括PM、ソリューションコンサルに従事。2020年8月、Ridgelinezに入社し、DX Technology Consultant 領域のディレクターとして、コンサルティング、デリバリー、ビジネス開拓を推進。

33年間、大手外資IT企業にてお客様システムの導入・開発から保守・運用にいたる全てのフェーズを数多く支援した他、サービス企画・開発部長、グローバルプロジェクト統括PM、ソリューションコンサルに従事。2020年8月、Ridgelinezに入社し、DX Technology Consultant 領域のディレクターとして、コンサルティング、デリバリー、ビジネス開拓を推進。

記載された内容、お問い合わせ先などは掲載時点のものです。
その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。
出典:ビズリーチ 公募ページ「Ridgelinez株式会社」(2020年11月12日公開)より転載

FAQ

応募・選考について

Q:キャリア採用に応募するには、どうすればよいでしょうか。選考プロセスを教えてください。
キャリア採用については募集職種をご覧いただき、直接ウェブサイト上よりご応募ください。ご応募後は、書類選考と複数回面接がございます。ポジションによってはWebテストを実施しております。
Q:複数のポジションを併願することはできますか?
同時に選考を受けていただくことはできないため、まずは第一希望の職種にご応募ください。他に希望するポジションがある場合は、備考欄または採用担当者にその旨お伝えください。
Q:キャリア採用はどのような職種で募集を行っていますか。
コンサルタントやエンジニアなどが所属する、お客様を支援する部門と、自社の成長を支援する管理部門にてキャリア採用を実施しています。各ポジションの詳細は募集職種をご覧ください。
Q:応募資格について教えてください。
応募資格は募集職種によって異なります。募集職種の詳細をご確認ください。
Q:東京以外のオフィスはありますか?
A:現在、東京オフィス以外の拠点はございません。テレワークを推奨しており、どこでも働ける環境をご用意しております。
Q:英語力は重視されますか?
募集職種によってはビジネルレベルの英語力が求められますが、全ての職種において入社時必要な条件ではございません。ご入社後に英語力を伸ばしたい方には、様々なトレーニングもご用意しています。
Q:性別や国籍、年齢や転職回数等に制約はありますか?
Ridgelinezでは性別や国籍、年齢や転職回数等の制約は一切設けておりません。その方のスキル/経験に基づき選考を行います。
Q:どの職種・部門に応募するべきか迷っています。
こちらからお気軽にご相談ください。履歴書や職務経歴書を添付いただけましたら、人事部のリクルーターが最適なポジションをご提案させていただきます。
Q:エントリーフォームから登録ができません。
ご迷惑をお掛けしており、大変申し訳ございません。こちらからも受け付けておりますので、履歴書と職務経歴書を添付してご送付ください。
Q:選考期間はどれくらいでしょうか?
目安としては1~2か月程度ですが、双方のスケジュール調整の状況や、応募職種によって選考プロセスが異なるため変動します。
Q:履歴書及び職務経歴書に所定フォームはありますか?
履歴書及び職務経歴書等に所定フォームはございません。
Q:応募は郵送でも受け付けていますか?
すべての応募は当WEBサイトからお願いしています。郵送での応募は受け付けておりません。
Q:過去に選考で不合格になったことがあるのですが、再応募は可能ですか?
応募可能です。
Q:履歴書などの個人情報はどのように扱い、管理していますか?
お預かりした履歴書・個人情報は採用以外の目的には使用いたしません。また、お預かりした応募書類は返却しておりませんので、あらかじめご了承ください。個人情報に関しては、当社にて責任を持って処分いたします。

会社について

Q:ダイバーシティ推進に対する考え方や取り組みを教えてください。
Ridgelinezは性別や国籍、障がいの有無などに関わらず、多様な人材が活躍できる組織作りを、重要な経営戦略の1つとして捉えています。

制度について

Q:出産、育児の支援はありますか?
ライフステージによって、自分の理想的なワークスタイルを実現できるよう、法定以上の出産・育児をサポートする制度を用意しています。
Q:副業はできますか?
申請により内容期間等を個別に審査のうえ承認制となります。
Q:リモートワークは可能ですか?
全社員テレワークを導入しているためリモートワークは可能です。

評価・トレーニングについて

Q:どのようなトレーニングがありますか?
基礎的なスキルから業界別の高度な専門スキルの習得に至るまで、幅広い研修メニューを提供しています。オンライントレーニングや部門内の勉強会など、スキルアップを後押しする環境が整っています。